猫グッズ 粘土細工や革小物やかばんの絵付け、イラストなど

コラム、ペットロスのあなたへ

コラム、ペットロスのあなたへ

2013年1月5日、私の最愛のタマがなくなりました。
その日、世界は一変しました。
世界は真っ白な闇につつまれ、その中をひとり立っているようでした。
季節は冬、、、本来寒いはずなのですが、寒さも感じずはだしにサンダルで庭に出ています。
食欲も無く眠気も感じず、時間の感覚も無く、気が付けば外が暗くなっていて夜になったのだと気づくのです。
涙と鼻水が滝のように流れ出ますが、泣いているという感じでもなく、本当にただ涙が出続けるだけです。
声に出して泣けるようになったのは、それから一週間ほどたってでしょうか?
これがペットロスというものでしょうか?
どん底の悲しみというものを初めて知ったのでした。

思えばタマは私に様々なことを教えてくれました。
本当の愛情、無償の愛、嫉妬などなど、
人間らしい感情の基本です。

悲しみとは何か?を最後に身をもって教えてくれたのだと思います。
タマの最後の教えなのだから、悲しみさえもしっかりと受け止めておこうと思います。
悲しいことを我慢しないで、遠慮なく悲しい、、、でいいのだと思います。
この感情のさきには、まだ何か新しい発見もあるのかもしれない。
そう思っています。

タマが亡くなってから、作風ががらりと変わった時期がありました。
それまでは、どちらかというとファンシーな作風。
自分でもそれを気に入っていました。
でもなぜかそれができない。
まるで誰かが私に乗り移ったように、リアルチックな絵しか描けなくなっていました。
タマが私の手を借りて描いているのかしら?な感じです。

半年くらいたつと、なんとかコントロールできてきた気がします。
私の中では、もう安藤佳代子と安藤タマが同居しているようです。
リアルチックは安藤タマが、
かわいいファンシー系は安藤佳代子が描いています、、、みたいな??

自己分析すると、作品を通してタマを取り戻そうとしているのかなあ???なんて思いますが、どうでしょうか?

      続く、、、。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional